もう一度、子どもに還ろう

query_builder 2021/03/15
ブログ
たんぽぽ

生きづらさを抱えている。



かつては、私もそうでした。



「優しい人」 それが、私の周りからの評価でした。



それを私は、素直には受け取れていませんでした。



なぜなら、「優しい人」って、

すごくオリジナリティにかけるというか、

ありきたりというか。。


優しい人って、 聞いても、

パッとその人が、

どんな人かって イメージ湧かないですよね。。


「優しさ」って 人の数だけ捉え方があるし、

ある人の優しさは、 また別の人にとっては、

全く逆の捉え方だったりもするわけで。。




昔の自分は、 「優しさ」の呪縛にかかっていたのです。



みんなから、優しいと思われなくちゃ、

自分のアイデンティティ(自分らしさ)が なくなってしまうように感じて、

そうでなければ、自分が自分として認められない という怯えと戦っていました。




また、当時の私は「優しさ」を 履き違えていました。




自分を押し殺してしまっていました。



そんな自分に自分では気づいていたのです。



相手の顔色を伺って、 いつもビクビクしてる 自分が嫌いでした。



自分がそれだけ、 自分を出すことを 禁止していたのです。



しかし、 いつもそうだったように、

相手の意図を汲むことは、

上手くなっていたので、

上司にはすごく気に入られました。



相手の意図を先回りし、仕事を完了させるからです。

組織の中で出世も早かったです。



また、 自分自身が生きづらさを感じていたので、

生きづらさの原因は、違ったとしても

生きづらさを抱えて生きている自分を抱える

もうひとりの自分のしんどさは とてもよくわかりましたから、


心理士としても、 とても熱心に働きました。




しかし、 無理をしていても それは長続きしないものです。





いつもまにか、

私は、周りの人の意図に埋もれ、



自分がわからなくなってしまいました。





毎日の仕事が、 楽しくなくなり、


何をしていてもいつも焦燥感や不安を感じるようになりました。





まさに、 ミイラ取りがミイラになる 。





私の心は とても疲れ、 荒んで行っていたのです。




その頃の自分は、 そんなことには気づけていなかった。


気付くことが怖かったのかもしれません。



気付いてしまうと、 これまでのやってきたことを、


否定しなくちゃいけなくなるし、緊張の糸が切れてしまいそうだったからです。



その当時のまだまだ未熟だった私は、 その反動を、 後輩に向けてしまっていました。

私は後輩にとても厳しかったのです。




退職することが決まり、

これであの組織から離れられると

思うと、正直ホッとしました。



これ以上、みんなを、自分を傷つけなくて済む。



自分に嘘をつかなくてすむ。 涙が止まりませんでした。



いろんな人の顔が浮かびました。信頼してくれていた職場の人、

共に切磋琢磨した仲間、

傷つけてしまった後輩。。。

みんなに対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


もし、世の中に、 周りの人ばかりを気にして、



自分と同じように、生きづらさを抱えている人たちがいるのだとしたら、

自分と同じような思いはして欲しくない、

もっと自分を大事にして、

自分に与えられた人生を 幸せに生きぬいて欲しいと思うようになりました。



私は、 これまでの自分を振り返り、

他人の評価に依存する 自分の在り方を変えることにしました。



自分は、 本当に何がしたいのか、

今どんな気持ちでいるのか、

自分の気持ちに、正直に生きようと決心したのです。



「大人を卒業して子どもに還ろう!」 私の人生理念には、そんな意味合いがあるのです。



分別を、否定するわけでも、

社会常識や一般常識を無視することを肯定しているわけではありません。



私たちが生きている社会のルールは大切です。




でも、いつも子供の頃のように、

毎日がワクワクで、 いろんなことが新鮮に感じる。 気持ちはそうありたいと思うのです。




最後まで読んで頂き、 ありがとうございました

NEW

  • 愛おしすぎる人生劇場

    query_builder 2021/05/13
  • 成すために何をするのか

    query_builder 2021/05/12
  • 世界の嘘とパラレルワールド

    query_builder 2021/04/27
  • 父ちゃんの懐

    query_builder 2021/04/26
  • 心の自転車操業

    query_builder 2021/04/23

CATEGORY

ARCHIVE